[YOLP]Photoshopを使わずに色塗り地図をハイスピードで作成する方法

技術者(プログラマー)でもたまに仕事の兼ね合いでそれ以外の作業もしなければいけません。
ボスから電話です。「WEBサイトに営業エリアで色分けした地図を掲載したいんだけど?!」
ここはエンジニアの誇りにかけて、ニッコリ笑い「できますよ!」と即答しましょう。

そしてしばし熟考の上エディタを起動するのです・・・そう、Photoshopのようなグラフィックソフトを立ち上げるのはナンセンス、プログラマならコードを書くことで実現するのです・・・。今回はYahoo!スタティックマップAPIをつかってボスの度肝を抜いてあげましょう。(依頼から30分以内であれば株が上がること間違いありません!)

お気に入りのエディタを起動したら、次のコードを貼り付けます。

<img src=”http://map.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/static
?appid={Yahoo!JAPANデベロッパーネットワークで取得したアプリID}
&height=400
&width=600
&lat=35.30.6
&lon=137.2.48
&z=12
“>

html形式でファイルを保存してWEBブラウザから開いてみましょう。こんな感じになります。

static1

まだまだイケてませんね。ではリファレンスを確認して各種パラメータを調整することで色塗り地図っぽく整形していきます。

<img src=”http://map.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/static
?appid={Yahoo!JAPANデベロッパーネットワークで取得したアプリID}
&height=400
&width=600
&lat=35.30.6
&lon=137.2.48
&z=12
&mode=blankmap
&style=bm.p.21211%3Affcfcf
|bm.p.21214%3Affcfcf
“>

次にモードを”blankmap(白地図)”に変更。
スタイルで各市町村ごとへの色塗りを指定します。

bm.p.{市町村コード}%3A{塗りたい色}

市町村コードはこのあたりを参考にしてはどうでしょうか?

static

はい、いい感じに完成しました。あとはボスに提出するだけです。

と、いうわけでグラフィックソフトを使わずに色塗り地図を作ってみました!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。